エウレカセブン2 スロット アプリ

エウレカセブン2 スロット アプリ

Bloggerの推奨事項:

  • ウイイレ 7
  • オンライン ゲーム ロボット
  • huawei p8lite amazon
  • ミリオン アーサー ラン スロット
  • あなたの唄
  •  この仏軍反撃により、フォン・ネールホッフ将軍はシュルツ少将の師団前衛支隊がラ・モンセルの北東に予備として留め置いた第105連隊を使用せざるを得ない状況となり、更に東より接近した第24師団本隊も全てラ・モンセル北東側高地の攻防戦に投入することとなるのです

     強大な仏軍を前に孤立し掛かったラ・モンセルの第107連隊を救ったのは、南から北上したB軍諸隊でした

    これらの部隊が前述通り独断や誤解によって前進したことを思うと、S軍団にとっては正に僥倖と呼べるのではないでしょうか? 「バゼイユは既に占領された」と思いこみ、ラ・モンセルに進んだのはフォン・リューネシュロス少佐率いるB第1連隊第1大隊で、彼らは既に午前6時30分、ラ・モンセル部落南郊外にあった数軒の家屋集落に接近し、ちょうどラ・プラティヌリ庭園へ突入した第107連隊第3大隊の諸兵と邂逅、以降共同して戦線を構築するのでした

     このおよそ1時間後(第107連隊が孤立し掛かった頃)には「命令を誤解して前進した」B第3旅団の一部も到着し始め、順次S軍兵士と肩を並べて仏軍と戦うのです

    あなたも好きかも:オンラインゲーム 接続 切れる
     B猟兵第1大隊の第3中隊はラ・モンセルに近付くと、ラ・プラティヌリ庭園の西にあるラメクール街道のジヴォンヌ川に架かる橋付近で戦うS軍戦線に参入し、B猟兵を追って北上したB第3連隊先鋒の第3,4中隊は、ラ・モンセル部落北西縁の散兵線に加入しました

     また、同連隊第1,2中隊はB猟兵第1大隊の第1中隊及び第2中隊半部と一緒にジヴォンヌ渓谷沿いに北上し、この途中、エーデル大尉率いるS軍兵士と合同すると仏第1軍団のラルティーグ少将師団と交戦するのでした

     同じくB第3連隊の第11,12中隊は、ラ・プラティヌリ庭園南側にあったジヴォンヌ川に沿った生け垣や柳の並木を遮蔽として散兵線を敷き、同連隊第9,10中隊はラ・モンセル東側の城館を占拠するのでした

     S軍団長ゲオルグ王子は、シュルツ少将の前衛支隊がドゥジー周辺から出発するのとほぼ同時刻にドゥジーへ到着し、ここで幕僚と共に最新情報を整理すると、「軍団の急務は(メジエールへ)退却中と思われる仏軍を攻撃し、(逃走出来ないように)拘束することにある」と決心、第24師団の後続部隊をせき立て前進を急がせたのでした

    あなたも好きかも:レキオ パチスロ
     この時、軍団本隊(第23師団と第12騎兵師団、軍団砲兵隊)は野営地からドゥジーに向けて未だ前進中で、軍団砲兵は本営のあったメリーから、第23師団はテテーニュ(第46旅団・騎兵と砲兵各2個中隊)やアイイ=エ=ロンビュ(第45旅団・騎兵と砲兵各2個中隊)から、騎兵師団はアンブリモンから、それぞれおっとり刀で出立したのでした

     ゲオルグ王子は午前7時頃、フォン・ネールホッフ将軍から報告を受け、前線に派遣した参謀からの報告も合わせて、バゼイユ及びラ・モンセルの戦況を知ります

     結果、前線では砲兵援護の必要性が高まっているとして、「軍団砲兵はドゥジーを経て前線へ急行し、第23師団もこれに続行、騎兵師団はドゥジーの東郊外で待機せよ」との軍団命令を発するのでした

     同時にマース軍本営(在ムーゾン)に対し、「第24師団はラ・モンセル周辺にて敵と交戦せり」と通報するのです

    あなたも好きかも:divine fortune
    この報告は午前7時45分にアルベルト・ザクセン王太子の下に達しました

     また、右翼(北)に連なるはずの普近衛軍団に対しても戦況を通告し、同時に「我が軍団は必要に応じてその前線をデニーまで延伸する」と警告して、軍団間の担当境界となっていたデニーで同士討ちが起こらぬようにするのでした

     ゲオルグ王子はこの頃(午前7時過ぎ)までに「B軍はバゼイユを占領した」との斥候報告を受けており、これを確かめるため、連絡士官をバゼイユへ送りました

    この士官は市街戦が続くバゼイユ市街を見ると機転良く市街を避け、バゼイユ停車場付近に達します

    ここでB第1師団長フォン・シュテファン将軍と出会い、将軍はこの士官に対し、「我が軍はここに至るまで幾多の損害を受けたが、未だ市街の一部を占領したのみであり、占領地に関してはこれを死守しているところである」と戦況を正直に明かし、「我が右翼(北)側に増援を得られるのであれば是非にお願いしたい」とS軍団に増援を要請したのでした