スロット 沖ドキ トロピカル

スロット 沖ドキ トロピカル

私も似たような事で悩んでたし」「やっぱりこういうのは誰しも同じ悩みを持つもんなんだな

お前の場合何歳の頃だ?」「そうね・・・大体複数の魔術を同時に扱うようになったのが七歳くらいだったかしら?同時に発動するのには苦労したわ」文の言葉に喜んでいいのか悲しんでいいのか康太は非常に複雑な面持ちになってしまっていた

あなたも好きかも:グランドスラム スロット
文でもしっかり悩むべき点は悩んでいたという意味では喜ぶべきだ

だが今自分が抱えている悩みが彼女が七歳の頃に抱いていたものだと思うと泣きたくなってくる

つまり自分は七歳児の文と同レベルだという事なのだ

そう考えると如何に自分が未熟であるかが理解できる

冷静になって考えれば当然だ

文は五歳の頃から魔術師なのだ

あなたも好きかも:現金もらえるアプリ
今年の二月から魔術師になった自分より優れていて当然だし、何より自分よりこの悩みを抱えるのが早くて当たり前だ

「じゃあそんな文さんや、何かアドバイス的なものを授けてくれるともれなく俺が喜ぶぞ?」「何よもれなくって・・・そうね・・・魔術の同時発動は自分のイメージもそうだけど何より自分の中での設定を大事にすることかな」「設定?」文のいうききなれない言葉に康太は眉をひそめる

あなたも好きかも:青天井とは スロット
その反応を見てあくまで私がそうしてるだけだからねと文は小さく区切ってから小さく咳払いをする

「とりあえずあんたは今どういう風に魔術を使ってる?それによるわね」「どういう風って・・・普通に術式を作ってそれで発動してるけど?」「・・・まぁそうよね・・・今から教えるのはそれの応用っていうか・・・まぁちょっとした改変みたいなものよ」応用や改変

意味合い的には少々異なっているがとりあえず康太は耳を傾けることに集中していた

自分が得ていない技術を得られるのだ

こういう場では茶々を入れない方がいい

誤字報告五件分、そして土曜日なので合計三回分投稿来週の土曜から自分は夏休みに入ります

数日間予約投稿になるかもしれませんがどうかご容赦くださいこれからもお楽しみいただければ幸いです

「あんたが魔術っていうと呪文とかそう言うのってイメージあったりしない?難しければ難しい程長い感じの」「あー・・・あるある