ハイ・ストライカー

ハイ・ストライカー

Bloggerの推奨事項:

  • vpれか
  • mr s leather
  • 麻雀 フレンド
  • 声だけ天使
  • よかにせ
  • あなたも好きかも:コナミ パチンコ
    消化不良のまま、時が流れた

    そんなおり、クオンからの手紙を携えた使者が現れたのだ

     クオンのことを尋ねるなら、いましかなかった

    「体調なら万全だ

    あなたも好きかも:テーブルゲーム 翻訳
    元気というほかないな

    レイディオンは極寒の地だが、彼は既に順応している

    《白き盾》の団員たちは寒さに震えているというのにな」「そっか

    あいつ、どんな気候にも対応できるからな」「そうなの?」 と尋ねてきたのは、ファリアだ

    セツナの左後方で所在無げに佇む彼女が口を挟んできたのは、会話に入る機会を伺っていたからかもしれない

    なんとなく、そんな気配を感じてはいたのだ

    そしてそれは、彼女だけではない

    あなたも好きかも:佐賀 玉屋 パチンコ
    「完璧なんだよ、あいつ」「そうだったわよねえ」 ミリュウが面白おかしそうに肯定してくるのは、彼女がセツナの過去の記憶を見て知っているからだ

    クオンとの間に合った(一方的な)確執についても理解しているだろうし、セツナの様々な経験についても熟知しているに違いない

    恥ずかしくて聞いたことはないが、ミリュウとの普段の会話からなんとはなしにわかった