デッドマン スロット 2ch

デッドマン スロット 2ch

Bloggerの推奨事項:

  • at機
  • これゾン 設定差
  • エラトマ
  • kord重機関銃
  • 横浜ポット
  • 攻撃用の魔力も残しておいてほしいからほどほどの防御で頼むよ」これから反撃をするタイミングを見計らうことになるのだ

    全力で防御し続ければ当然のように攻撃に回す分の魔力が確保できなくなる可能性が高い

    そうならないように魔力の息切れを起こさない程度に防御を維持したほうがいいとアマネは判断していた

    「あとは彼女がいったい何をするかだね

    あなたも好きかも:攻殻機動隊 スロット 2 屋上
    こちらの攻撃と向こうの防御、向こうの攻撃とこちらの防御がいい感じに均衡を保っているけれど・・・」こちらの攻撃は相手の防御を突破できず、あちらの攻撃もこちらの防御を突破できない

    先ほどのような優勢ではなく拮抗状態が形成されていた

    真理の要望通りの状況にアマネは周囲を確認し始める

    攻撃の手を緩め防御に意識を向けているからか、比較的余裕ができている魔術師が何人かいる

    あなたも好きかも:トマト パチンコ 尼崎
    あちらの状況がどのようになっているのかは不明だが、少なくともこの状況であれば長期戦も問題なく可能だろう

    あなたも好きかも:カジノ 資産管理
    もっとも長期戦になってしまう時点であちらの思惑通りになっているかもしれないが、そのあたりは真理に何とかしてもらうしかない

    ここの戦力では防ぐことはできても突破が難しい

    特に相手が攻撃を捨てて防御に徹してしまえば、突破は難しくなる

    だからこそ真理は一時的に優勢を捨てたのかもしれない

    相手に少しでもこちらが無理をしていると判断させ、油断させるのが真の目的である可能性は高い

    相手の攻撃が苛烈になるようなこともなく、あくまでこちらを牽制するような攻撃が続いている

    防御しているアマネからすればやる気のない攻撃だと感じられた

    攻撃しているぞというアピールのような攻撃だった

    「ちょっと向こうにも余裕ができてきてるかな・・・攻撃チーム、ちょっと圧力を強めてくれるかい?あっちに余裕を作りたくないな」「了解!オラ!気合入れて攻撃しろ!」気合の怒号とともに再び勢い良く攻撃が始まると、相手の防御が一層厚くなるがそれでも突破はできない