2001年 ゲーム機

2001年 ゲーム機

Bloggerの推奨事項:

  • ゼータガンダム パチスロ
  • ミリオネア テレフォン
  • スクールオブザデッド
  • シャークマネーカード ボーナス
  • パチンコ ジョーズ
  • 「そんな顔をするな

    そもそも其方がもったいぶって出てこないからこうなるのだろう?」「私が気軽に姿を現せないことは、貴方が一番よくご存知でしょう?」 物理的に何かが起こっているわけではないが、両者の間にわずかばかり険悪なムードが流れ始めた

    あなたも好きかも:バイオ7 スロット 高設定 グラフ
     本来、神という立場を考えれば、世界樹の妖精が取っている態度は考えられないものだ

     だが、世界樹という世界に果たしている役目と、普段から実際に世界に力を及ぼしていることを考えれば、こうした世界樹の妖精の態度も許される

    あなたも好きかも:スロット 星矢 海王覚醒 モード
     何より、セウリの森の世界樹は、現存する世界樹の中でも最も古い樹であるために、下位の神々よりも強い力を持っているのだ

     もっとも、スピカが本気で世界樹に対して力を及ぼせば、すぐに滅ぼされてしまうだろう

     ただしその場合、周囲の環境は目も当てられない状況になってしまうのだが

     そんなわけで、世界樹の妖精はスピカに対して遠慮ない態度を取っているのだが、スピカもそれに対してどうこう言うつもりはなかった

     それ故に、今のような状況になってしまっているわけだが、この状況を止められる者はこの場には一人しかいなかった

     二人(?)の様子を見て、救いを求めるような視線をコレットから向けられた考助が、ため息を吐きながら壇上に上がったのである

     ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ 突然壇上に上がって来たヒューマンに、息を飲みながら状況を見守っていたエルフ達がそろって訝しげな表情をした

     神威を隠している考助は、見た目は完全にただのヒューマンでしかない

     そんなヒューマンが、何故この場に居るのかが分からなかったのだ

     勿論、先日一人のヒューマンが、シオマラに呼ばれて里に入ったことは噂として知っていた

     しかしながらそのヒューマンが、この状況で何か出来るとは考えていなかった

     そんな視線を感じながら、考助は一柱の神と一体の高位妖精に対して声を掛けた