リゼロ 大阪 スロット

リゼロ 大阪 スロット

「――炎よ、伝え」 炎を纏わせた『糸』を繋いで、『調整』を始める

 いまマリアの記憶は焦げ付き、穴だらけとなっている

 このまま目を覚ませば、その不安定な記憶に困惑して、ただでさえボロボロとなった精神(こころ)が崩壊する危険がある

 そうならないように、受け継いだ『忘却』の炎で、より完璧な『なかったこと』としていく

目を覚ましても、気持ちのいい朝を迎えられるように、綺麗に記憶の形を焼き整えていく

あなたも好きかも:大小 ルール
「……いま、僕は『なかったこと』になる一歩目を踏み出した」 ずっと躊躇っていた一歩目

 最大の敵となりえたマリアの記憶から始めてしまった

 これで、もうなあなあ(・・・・)ではない

あなたも好きかも:オンラインゲーム 運営 ノウハウ
「唯一、僕に痛みを与えられる『炯眼』が、舞台の外に落ちた

『終譚祭』が終わるまで、目覚めることはない

あなたも好きかも:ブラフバー カジノ
魔石がない以上、どう足掻いても戦力にはならない」 しかし、まだ念入りに何十本もの『糸』で彼女を包みこみ、『忘却』を駆使し続けて、歩く

 決め付けはしない

少し前、マリア自身が〝「忘れてしまっても、思い出せばいいだけの話ですね」〟と言っていた

〝「最悪、気合で思い出しましょう

気合で」〟とまで