花の慶次 スロット 評価

花の慶次 スロット 評価

あなたも好きかも:スロット pc アプリ
むしろ同じ役職だからこそ、相手を意識して優越感や劣等感を抱く場合のほうが多い

 商館を出入りする人物を眺め続けるだけで、そういった要素を拾い上げる彼の観察力は異常の部類に入るのだろう

彼がこの世界に現れる前に、どのような仕事をしていたのかがなんとなく分かったような気がした

「だけどここまで積極的に商人達に接触したら、どのみち目をつけられることになるよね?」「それが目的だ

あなたも好きかも:ブラックジャック 雪の訪問者
目をつけた商人を利用する情報収集は今後他の奴に任せる

『俺』がするのは連中の視線を集めることだ」「ああ、なるほどね」 彼が直接行動を始めたことで、監視者達は皆彼の動向に意識を向けることになるのだろう

そうなれば今まで監視をされていた者達が動きやすくなる

あなたも好きかも:リング呪いの七日間 スロット
エクドイクやミクスのように隠密行動を得意とする者達にとっての本領発揮の舞台というわけだ

「商館側での活動はこんなところか

イリアス、監視の方に動きは?」「特に問題はない

残るは貴族側の方だが、これから向かうのか?」「いや、そっちの方はデュヴレオリの方に任せてある

商人と違って貴族は数が少ない分、互いの関係を把握することはそう難しくないからな」 彼は相手を観察し、その理解だけで行動しているわけではない

立場にある者達を人種として区分けし、経験則による大まかな方針も決めることができている

 やはり彼は一種の職人に近いものなのだろう

人という生き物の傾向を熟知し、観察により細かい分類に分けることができ、その行動を利用して結果を生み出す

腕っぷしだけが強い者達には到底真似のできない技術、これだけ信頼されるのも頷ける