スロット 新台 花の慶次

スロット 新台 花の慶次

俺もオッサンに引き取られた口なんだ

シュトさん達は、いつ頃拾って貰ったんだ?」ルイの質問には懐かしそうにシュトは目を細めて、2本目の大きなウィンナーを頬張るアトを見ながら答える

あなたも好きかも:マイナス設定 スロット
「俺達は最初は教会に世話になったんだ

あなたも好きかも:くじ引き ルーレット
俺が6才で、アトが4才の頃位の頃からかな

俺は、薄ら両親の記憶があるけれど、確か最初は病気で体がダメだから、アトと一緒に日中は教会に預けられてたんだ

あなたも好きかも:ブラックジャック 名言 打線
で、やっぱり病気の両親は本格的にいけなくなって、教会に住むようになってからすぐに死んじまって、俺たちは孤児になった

教会は良いところだったけれど、アトにちょいと辛い思いをする場所でもあった」シュトが淡々と語る内容は、アトが同年代と比べて発達が遅かった事で意地の悪い子どもからからかわれたり、軽く虐められた話だった

「でも決定的なのは子どものイジメよりは、2年ぐらいたってから教会にきたどっかの貴族の言葉の方が頭にきたな

"この子は親からの愛情が薄かったから、成長が遅れているのかもね"なんて言いやがった」その言葉は遠回しにシュトとアトの両親が、まるで弟を愛していなかったように言っているようにしか、幼い兄には受け取れなかった

「俺自身、両親の記憶がもうはっきりしない時はあるけれど、アトが産まれた時に、俺も父も母も喜んでいたのだけは覚えてる

だから、親が弟を愛していなかったなんて言う奴が許せなくて、そいつが教会から去ろうとした時、確か、父親から作って貰ったスリングショット(玩具のパチンコ)、云わば形見だよな

それで狙った時に、師匠に出逢ったんだ

というか、形見を銃で撃ち抜かれたんだ」そう言ってから、シュトは苦笑してグランドールに向かって肩をすくめた

銃という武器が使われるのを目の当たりにしたことがない、人物には何にシュトがそんな肩をすくめる動作をしたのか、よくわからない

だが、銃の『威力』を知っているグランドールはシュトの苦笑の意味がよく分かったので釣られて苦笑していた

「アイツは相変わらずやることが突拍子がないのぅ

その時、お前さん、"耳"は大丈夫だったか?」「え?何で耳の話になるんだ?」シュトに向かっていうのに、ルイが割り込んで質問する

グランドールが顔をしかめるが、ルイはここは引かないといった感じで見返した

シュトが、それをとりなすように口をく