地獄少女 スロット 設定判別

地獄少女 スロット 設定判別

Bloggerの推奨事項:

  • スロット ジパング
  • ヤマダ 電機 ゲーム コイン
  • 戦乱カグラ フリーズ
  • 魚拓 動画
  • クリスタル チート
  • ただし感情には素直であって、言わないことを誤魔化すことにも長けているかと」「ははッ、違いねェ

    まァ一ノ瀬との関係は、わからねェのよな、これが」「わからない?」「おゥ

    だからまァこれからの話よな

    あなたも好きかも:スロット クラブ アメリカン
    ――ゆっくりやるよ、俺なりのやり方で」 その苦笑を見て、ああと忍は頭の片隅で納得する

     蓮華は、きっと人付き合いがわからないのだ

    さしさわりのない会話、目的のための一手、そうした行為は自然に行えるが、そこには線引きが必ずある

    感情を基本的に隠さない蓮華ならば、たとえば以前に暁がそうだったように、誰かを使おうと思った相手が友人に近い位置ならば、使うから力を貸せと直截する

    気に入らない他人ならば、あるいは勝手に使うかもしれない

     けれど、それが身内ならば? あるいは身内にしたいと思える相手ならば? たぶん、可能性を引き寄せて駒を扱う策士としての蓮華は、そんな相手を策中に置きたいとは思わない

    だから自ずと相手が選んだ道そのものを認め、そこに介入しようとせず、ただ見守ろうと思うだろう

     では、見守るためにはどうすればいい? どこまで手を差し伸べて――どこまでを傍観すればいい? きっと、わからないのはその線引きだ

     あるいはそれが忍に対しても、今はまだ曖昧なのかもしれない

    「――まァ、でも安心したよ

    どのみちVV-iP学園の理事長席には五木の血統しか座れねェからな

    だからまァ不慮の事故で死んだりしねェ限り、お前ェの位置は変わらないぜ?」「創設者だから、ですか?」「違うよ

    違うけど……まァ、教えねェ

    わかるかもしれねェし、知らないままでもいいよ

    こっち側にゃ入って来るつもりはねェのよな?」「――はい

    私は、刀を再び置くことを、私の考えで決めましたから」「それでいいよ