ブラックジャック ハローcq

ブラックジャック ハローcq

Bloggerの推奨事項:

  • 水棲
  • モノポリー アプリ
  • ah-software
  • 沖 ドキ 一撃 ランキング
  • カジノクラブ
  •  ピーチから連絡をした際に、そこまで時間はかからないという返信も来ていたので、ピーチはそのまま待つことにしたのだ

      ピーチが連絡をしてから三十分も待たずに、ミアが少し慌てた様子でくつろぎスペースにやって来た

    「ご、ごめんなさい

    あなたも好きかも:gantz パチンコ フラッシュ
    お待たせしました」「良いのですよ~

    ここで待つと決めたのは私ですし」 しまったという顔をしているミアに、ピーチはのんびりと手を振りながら答えた

    あなたも好きかも:東京 大森駅 パチンコ
     確かにミクの事で急いではいるのだが、三十分程度では大した違いはない

     これが半日以上待たされるとなると、また話は別だ

    あなたも好きかも:インディアン スロット
     くつろぎスペースにあるソファにミアが座るのを待ってから、ピーチはミクに起こっていることを話し始めた

     その話が進むごとに、ミアの呆れ度合いが深くなっていくようだった

    「・・・・・・・・・・・・何を考えているのでしょうか、後輩たちは・・・・・・」 そして、ピーチの話を最後まで聞き終えたミアがこぼした感想が、これだった

     流石のピーチも、学園の生徒たちをフォローすることは出来ない

     まあ、実害を受けているのが娘(ミク)なので、フォローするつもりもないのだが

     額に手を当てて呆れているミアに、ピーチが最後に付け加えた

    「このままミクだけに対処をさせてもいいのですが、それはやらない方がいいと思うのですよね~」 ピーチらしいのんびりとした言葉だったが、ミアは慌てて頷いた

    「そうですね

    それは止めたほうが良いでしょう」 ミクがどう対処するのかきちんと理解できたミアは、更に続けた

    「私が動きますから、しばらく待ってもらっていいでしょうか?」「わかりました~

    ミクには少しの間学園には行かないように言っておきます」「そうしてください