アラジン スロット フリーズ

アラジン スロット フリーズ

 ドクターはその原因を、人体魔石化の方から紐解いていくが、そのよく回る頭が逆に妨げになっていた

 すると、「――セイクリッド・セイヴァーっ!!」 光の一撃が動きの鈍った人体魔石(ホムンクルス)に直撃すると、粉々に粉砕されていく

あなたも好きかも:バカラ 激安
「「はああああっ!!」」 フェルサとネイの渾身の一撃もしっかりと的中し、お腹を貫き粉砕した

 その様子をイラついた様子でナタル達を見る

「貴様らぁ……! 何をした?」「あら? ドクターという名を与えられて居るから、てっきり気付いているものかと……」 するとナタルは、はんっと鼻で笑った

「とんだ無能ですわね」「何だと……!!」 残った狼型のゴーレムにもメルトア達が奮起する中、ナタルはご丁寧にわざとらしくドクターに説明する

「貴方ご自慢のゴーレムがどう我々を判断しているか、その答えさえわかれば、脅威でもなんでもありませんでしたわ」「どういうこと?」 横では協力させられながらも、まだよくわかっていないヴィも聞き入る

「当然ではありますが、ゴーレムには五感がありません

ならば攻撃対象者をどう判断されているのかを考えましたの

すると答えは一つ、魔力の感知ですわ」「!?」 これを聞いた時点でドクターはナタルのしたことに気付いた

あなたも好きかも:長野 バカラ
「貴様……私の人体魔石(ホムンクルス)に偽の情報を送り付けたな!」 正確には違うのだが、「まあその通りですわね」 そう肯定した

あなたも好きかも:スロット デッドオアアライブ5 ゾーン
 しかし隣のヴィが納得いっていない

 自分はあくまで感知魔法を発動と消すを繰り返していただけ

 納得がいかないと、ジッとナタルを見つめると、観念したナタルが説明する

「簡単ですわ

同じように感知魔法を連発し、人体魔石(ホムンクルス)が発動している魔力感知に干渉したのですわ」「それでどうして動きが鈍るのよ?」「つまりはですね、人体魔石(ホムンクルス)は生物機能を持っておりません