ブラックジャック 腕 切断

ブラックジャック 腕 切断

Bloggerの推奨事項:

  • 北斗の拳 ニコニコ
  • new 3ds sdカード
  • トランプ バカラ
  • パチンコめぞん一刻
  • グラブル ムーン
  •  この湯飲みを、この星に伝来させた 日本と言う地域の出だ

    その星の その地域は、流れ人の数が他と比べて異常に多いのは知っているかね?」そう話しながら、エプロンを綺麗に畳むとキッチンの勝手口を開けて、外へと出ていく

    俺はいつ先ほどのレーザーから狙い撃ちされても回避できるように虹色の闘気だけは纏って、その背後に続く

    外へと出ると、バウスマーは懐から煙草を取り出してマッチで火を点け、旨そうに吸い出した

    あなたも好きかも:関内 パチンコ バイト
    そして二階建ての家を周って崩れた古代遺跡の方向へと歩いて行く

    「この小さな世界は、君も知っての通り 私が創り出したものだ

     地上の言葉で言えば、何十億ラグヌス(年)前に、 何万ラグヌスもかけて

    あなたも好きかも:港 パチンコ
     私はこの地下空間をコツコツと草木の一本から 地上の空や陽光のまがい物まで 共鳴粒子と元々の物質を利用して創り上げ 時には地底人たちを住まわせたりもした

     ……慣れない環境に、結構死んだなぁ……

     重力の逆さの環境を混在させて、面白いと思ったが 文明もこの程度しか進まなかったよ

     ……まあ、途中で私が飽きたのもあるがね」俺は少し距離を取って、闘気を消さずに旨そうに口から煙を吐き出すバウスマーを見つめている

    「そして誰も居なくなったこの墓場には 全てを知る、私だけが住んでいる

     思い出と共に

    大抵の私以外の生き物とは儚いものだ

     恵まれた環境に育っているわりに 病気やストレスに弱く、短い寿命ですぐに死んでいく」煙草を吸って雑談しているだけだがまったく隙が無い

    今まで見たことのない種類の強さを感じすぎると押しつぶされそうなので、ひたすら隙を伺うことだけに集中する

    「君は、何故、私がこれほど恐ろしく感じるか 恐らく、疑問に思っているだろう」バウスマーはそう言いながら華やかに微笑み、吸い終わった煙草を指で弾いて消滅させると、新しい煙草に火を点ける

    そして闘気も使わずに、宙へと浮き上がり「ついてきてくれ