オンラインカジノ 生計

オンラインカジノ 生計

Bloggerの推奨事項:

  • 笑うせーるすまん
  • 物理で殴る
  • フリード 評価
  • 討鬼伝3
  • 遊戯王 オンラインゲーム
  • 「あなたが今、主様のことが理解できないのというのであれば、時間をかけて理解していきなさい

    それでもなお理解できないというのなら、あなたがそれだけの存在だということ」「・・・・・・畏まりました」 その返事を聞いて、やっとコウヒからプレッシャーが消え去った

    あなたも好きかも:艦これ 空母 スロット 補正
     リストンはそのプレッシャーから解放されて、ようやく全身に入っていた力を抜いた

    「一つ忠告・・・いえこれはどちらかというと助言でしょうか・・・してあげます」「・・・・・・なんでしょう?」「もしミツキの前で同じことをしていたら、あなた、今頃魂すら存在できなくなっていましたよ?」「・・・・・・」「理解できてないようだから教えますが、ミツキは私が唯一認める私と同等の存在ですよ?」「・・・ご忠告、感謝いたします」 リストンは跪いたまま再度頭を下げた

     ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ 管理層に戻ってきたミツキが、考助へ腕を絡めながら聞いてきた

    「あれで、よかったの?」「何が?」「クスクス・・・わかってるのに聞く?」 楽しそうに笑うミツキに、考助は肩をすくめた

     ミツキの目が笑ってないのもきちんと気づいている

    「まあ・・・あれだけあからさまだったら、さすがにね」 考助から見てもあからさまに、リストンは考助を見下していた

    「そうよねぇ」「それで、あれでよかったかどうかだけど、よかったと思うよ?」「ふむ・・・その心は?」「だって、あれ以上あそこにいたらミツキが我慢できなかったでしょう?」 言われたミツキは、ぺろりと舌を出した

    「それは、そう、かな?」「だから、後はもうコウヒに任せて逃げることにした」「ふーん・・・

    まあ、考助様がそれでいいんだったら、私もそれでいいわ」「ありが・・・んぐっ」 いきなり唇を塞がれた

    あなたも好きかも:感謝 デー パチンコ
    「お礼を言うのは、こっちの方よ

    ありがとう」「・・・どういたしまして」 その後のミツキは、非常に機嫌よく次に自分が行う召喚の準備に取り掛かっていたと、後に考助がコウヒに語ったのであった

    ちなみにこの話は、難産でした

    コウヒとリストンのやり取りを入れるかどうか、最後の最後まで迷いました

    次話翌日20時投稿予定2014/5/11 誤字修正

    ◇◆ハナ視点◆◇…アリスのお陰で助かった