スロット 動体視力

スロット 動体視力

彼女の中の好戦的な部分が表面化するのは、なんとも久々な気がした

「隊長殿も乗り気だ」「これで実験台にならずに済みそう……」「あんたねえ」 黒獣隊の面々がそれぞれに反応する傍らで、ウルクが目を光らせるのがセツナにわかった

「駄目です

セツナを危険な目に遭わせるわけにはいきません」「おいおい、別に危険な目に遭わせるつもりはねえよ」「そうですよ

シーラ様が御主人様にそんなことをするはずがございませぬ」 シーラがなだめ、レムがその補足をする

すると、クロナ、リザ、ミーシャら黒獣隊士たちが同意した

「うんうん」「そうそう」「さすがレムさん、わかってるう!」「なんなんだよ、おまえら

あなたも好きかも:スロット パネル 違い
でもまあ、レムのいうとおりだ」 シーラは部下たちの反応を怪訝に想いながらも、ウルクを説得するために利用した

ウルクはまばたきひとつせず、シーラを見つめている

表情に変化がないのはいつものことだ

ニナ=セントール以上の鉄面皮は、彼女が人形であることを思い知らせるものだ

あなたも好きかも:沖ドキ 勝てない
「召喚武装を用いた訓練が危険なのは、シーラも承知のはずですが」「そりゃあ、まあ……」「セツナの身に危険が及ぶようなことなど、させるわけにはいきません」「過保護だなあ」 セツナは、途方に暮れる想いがした

 この程度のことさえ許されないというのは、少々、窮屈だ

あなたも好きかも:ブラックジャック 3
セツナだって召喚武装同士の訓練が危険なことくらい百も承知だし、基本的にそんなことはしない

ルクスとの訓練ですら、木剣や木槍によるものばかりだ

しかし、ときには召喚武装の扱いに習熟するという意味でも、召喚武装を用いた訓練も行うべきだった

無論、そういう場合でも、相手がいない訓練に限るのであり、召喚武装同士で訓練を行うなど、余程のことがない限りはしない

 だが、一方で、召喚武装を用いた訓練を行ってみたいという気持ちがあるのも事実だ

武装召喚師の本来の実力というのは、召喚武装を用いた状態であり、互いに召喚武装の能力を引き出して訓練を行うことで、さらなる高みを目指せるのではないかと考えないではない