スロット まとめ まどか

スロット まとめ まどか

Bloggerの推奨事項:

  • カジノ プロジェクト チップ あげる
  • 真・女神転生ii
  • グラブル 時間
  • 鉄拳 7 アイテム
  • パチンコ 爆発
  • このため、ベルフォール攻囲兵団の工兵は直ちにシャトノワ付近で対岸ヴルヴナン(シャトノワの東1.4キロ)に渡るための軍橋を設けよ

    本格的戦闘が開始されるか、あるいは敵襲来の警報ある時には、補充用の弾薬車と爆薬積載車を除く各団隊所属の(当座必要ない)馬匹牽引車輌群は全て次の各地へ待避せよ

    あなたも好きかも:スロット アナターのオット はーです 天井期待値
    予備第4師団、フォン・デア・ゴルツ支隊、軍本営、Ba第1旅団所属車はブローニュ~エシェーヌ(ブローニュの北東4.1キロ)を経てヴェルスコ(ブローニュの東7.2キロ)まで

    Ba師団本隊所属の車輌はグロスマニー(ベルフォールの北9.5キロ)まで

    あなたも好きかも:ルーレット av
    各師団司令部と軍本営(ブルヴィリエ)に至る間に敷設する予定の電信線は明13日朝までに開通させよ

    これにより、デル、モンベリアール、ブローニュ、フライエ間が交信可能となるはずである

    しかし電報は伝達する事項が確実とされる時のみに発信せよ

    攻城砲兵は速やかにエリクール北方高地(ヴォドワ山)中腹に要塞重砲を設置しタヴェとビュシューレル(エリクールの南南東3.2キロ)方面を砲撃可能とせよ

    あなたも好きかも:ブラックジャック この瞬間は永遠なんだ
    バイエルン王国出撃砲兵中隊は当初予備第4師団に属することとしたがこれを取り消し、そのままデブシッツ支隊所属のままとするのでデルへ向かえ

    エクサンクールに在る部隊は万が一退却する場合、対岸のソショーではなく川沿いに東方へ避難せよ

                                 フォン・ヴェルダー」シャジェ(20世紀初頭)☆ 仏東部軍/1月10日から13日早朝 仏東部軍司令官、ブルバキ将軍は1月9日のヴィルセクシュエル攻防戦で最前線まで進出し部下を鼓舞し続け、夜間戦闘においては攻撃陣の中で直接指揮を執ることまでして貴重な「勝利」を得ました

     同夜、未だ独軍が市街を脱出する前に勝利を確信し戦場を離れた将軍は、本営を置いたブルネル城館に帰ると直ちにボルドー派遣部に対し「勝利」の報告を発信しました

    ※1月10日早朝・ブルバキ将軍発信の「ヴィルセクシュエルの戦勝報告」「ブルネル城館にて・1871年1月10日発我が軍は命に従い運動を起こし、クランシャン将軍麾下は大いに奮戦してヴィルセクシュエルを奪取し、ビヨ将軍麾下はエスプレルを確保して同地に留まったブルバキ」(筆者意訳) 勝利した仏軍としては、遅くとも翌朝から独軍が構えるエルヴァン~ロンジュヴィルに向けて突進し、兵力差数倍の「数の力」で独ヴェルダー軍団を北方に撃退してトレスコウ兵団との連絡を断絶するか、あるいはヴェルダー軍団を無視してその前を堂々と行軍しトレスコウ兵団と対決するか、二つに一つを選ぶことが可能でした

     この1月10日時点においては、この二つの作戦はどちらも仏軍有利に展開する可能性があったのです

     ところがブルバキ将軍は「ヴェルダー将軍は必ずやベルフォールへ向かうためその進路に立ち塞がると考えるだろう我が東部軍に攻撃を仕掛けて来るに違いない」と考え、10日一日をその準備に充て戦闘態勢を整えるためヴィルセクシュエル周辺に留まるのです

     この時、ブルバキ将軍の「お目付け役」、ドゥ・セールは軍本営にあって目を光らせ、ボルドーのフレシネに宛てせっせと報告を送っていましたが、そこでも「敵がもし自身置かれている状況を察知すれば必ずや会戦を求めるだろう」としており、ブルバキを疑いの目で見ていたドゥ・セールまでもが独軍の見敵必戦を信じ「敵は回避せず向かって来る」と考えていたことが分かります

     ところが独軍はこの10日ブルバキ軍の前に現れず、それでも仏東部軍は慌てる素振りなく現在地に留まり続けると翌11日も多くが集合のため僅かに右翼(東)側へ移動を行っただけに終わるのです

     さすがにフレシネもこのブルバキ軍の「鈍い動き」に眉を顰め、11日夕「作戦を再興・活発化し、特にリュールはこれを解放せよ」との電信命令を送り付けましたが、これは「接触を失ったらしいとは言え、未だヴェルダー軍はブルバキ軍にほど近い場所にいるはずで、まだベルフォールとの遮断が可能だろう」という希望的観測から発せられた命令だったのです

     ところが、仏東部軍は12日になっても何等積極的な行動を起こすことはなく、時間は虚しく過ぎて行ったのでした