パチスロ あの花 フリーズ

パチスロ あの花 フリーズ

Bloggerの推奨事項:

  • コインシャドー
  • 妖怪ウォッチ 裏ボス
  • ラスベガス コンプ
  • tos グラブル
  • デビルメイクライ 2
  • 「……飛んだらまた出せよー?」頷いて、二人で石碑に近づいていく

    五つの石碑は、グルッと何もない空間を囲うように並んでいて、三メートルの長さの石が何かを叫ぶように石が幾重にも捻じれてそれぞれに空へと伸びている

    その表面には、深く文字が刻まれているが読めない

    あなたも好きかも:パチスロ キン肉 マン 初代 中古
    「古代のゲシウムの文字だぞー

     ミラクが居れば読めるんだが……」「"トゥアジィマ、ズットゥ マッテルゥ" と書かれています」いきなり石碑の陰からミラクか長い髪を揺らしながら出てきた

    セイは嬉しそうに「ガイドありがとなー

    また頼むぞ」ミラクに微笑むと、彼女は再び石碑の陰に引っ込みながら「私の記憶では、七百ラグヌス(年)前くらいに この石碑が出現したと誰かから聞いた気がしますよー」「あの、ミラクさん、その言葉の響き とても嫌な予感が……」ミラクの気配が消えた

    あなたも好きかも:携帯アプリ ランキング オンラインゲーム
    石碑の裏には誰も居なかった

    不意に謎の記憶がフラッシュバックした

    「な、なあ、セイ、俺昔、ウキナワでな……」「ん、何だ?セイ様との結婚後の生活の話か? ウキナワに住むのか?」「……いや、違うんだ

     俺の記憶が確かならウキナワのどっかの台地でな

     "たじま ずっと まってる"って 多分……美射が、あのモンスターサイコが 石を並べて、宇宙への無駄な メッセージを送っててな……」「ああ、あのストーカーの話か……タカユキぃ 今はセイ様だけを見つめていけ」「それはそうなんだが……両方の文字が 似ているのが……」セイは呆れた顔をして、息を吐くと思い直した表情で「……同情するぞー? どこまでいっても、あいつが忍び寄ってくるんだな?」「……そ、そうだよな……すまない

     お前のために、今日は同行してるのに」セイは微笑んで腕を組み「この石碑の中心になー