喰霊-零 スロット エンディング

喰霊-零 スロット エンディング

Bloggerの推奨事項:

  • ds ドラクエ
  • スパイダーマン 無料 ゲーム
  • 怪盗ユー
  • ポセイドン スロット
  • パチンコ ボナンザ
  • あなたも好きかも:政宗 スロット キャラ
    もともと陸上の運動は走ることの繰り返しだ

    あなたも好きかも:ルーレット うたぷり
    何度も何度も繰り返して走ることで体力を向上させ、より良いタイムを出せるようにする

    特に康太は短距離と中距離を得意種目としているためある程度体力が必要なのだろう

    何度も何度も測っては少し呼吸を整えるの繰り返しをしていた

    そこまで確認していると、文のほうの体力の限界が訪れた

    もうこれ以上走ることができないというところまで来ると文は一度そこで立ち止まる

    そんな時、ふと康太がこちらを見ているような気がした

    そしてそれは気のせいではなかった

    走っていた場所が場所だったからか、康太のいるグラウンドから見える位置で立ち止まったせいか、康太は文のほうを見ると近くにいた部員に一声かけてから駆け寄ってくる

    「おい文、大丈夫か?」「・・・だい・・・じょうぶ・・・よ・・・ちょっと・・・疲れただけ・・・」「今日も限界まで走るつもりか?あんまり追い込みすぎるなよ?」そういって康太はいつの間にか持っていた飲み物を文に差し出してくる

    そういえば水を全然飲んでいなかったなと今更ながらに思い出した文はペットボトルを一気に飲み干すと再び荒く息をつき始める

    あなたも好きかも:前田慶次 名言 パチンコ
    「・・・わかって・・・るわ・・・」康太の気遣いがありがたく、そして申し訳なかった

    後ろめたさがあるというのもあるがそれ以上に康太が気を使ってくれるというのがありがたかった

    文が悩んでいるということを知っていつも以上に気遣ってくれているのだろう

    その気遣いは素直にうれしい

    いつの間にか自分は又こんなに汗をかいていたのかと気づきながら、近くにある壁に寄りかかるようにして一度休憩をとることにした