リアルカイジ パチスロ

リアルカイジ パチスロ

Bloggerの推奨事項:

  • p20 lite wiki
  • マイクラ 街
  • ロードオブ 天井
  • ゲーム フリー bgm
  • ss エレファント
  • 『どうすることが正しいのか?』がわからない状況だからこそ、こちらの思い込みだけで判断するのではなく、敵対する相手だろうと確認したいとティスティは考えたのである

    「答えは、否だ」「だったら――」「考え直せ、ですか? それこそ今更ですよ

    今回、中尉殿――あぁ、あなたたちはバスカルと呼んでいますね

    あなたも好きかも:マルセイユ・ルーレット
    彼は、勇者の仲間を全員現界させたわけではなく、思い通りにいくだろう人物しか現界させてはいないのです」 やれやれと首を振りながら答えていくアーバスト

     ただティスティには彼の言っている意味がよくわからず、首を傾げている

    「あいつは勇者個人への忠誠心、独占心を買われた

    あなたも好きかも:河原みのり スロット
    そして、私は――」「クッ!?」 アーバストを中心にしてそこから熱風が吹き荒れ、ティスティが飛ばされそうになったところをヴィクスが巨体を盾にして風を防いだ

    「理由に関係なく、戦闘を好む性格を買われたわけです」 ティスティは元々停戦の余地はないと思っていたが、相手が世界を滅ぼす行為を容認していることに無性に腹が立った

    「ヴィクスさん、あそこに倒れている兵隊さんたちをもっと安全な場所への避難をお願いします」 それだけ言うとヴィクスの了承を確認する前に、アーバストに対してティスティは逆に先制攻撃を仕掛けるのだった

    医務室のベッドの上で目覚める

    タガグロが、脇の椅子に座ってウトウトしているのが見える

    起こさない方がいいかなと思いながらダウンライトに照らされた室内と天井を眺める

    両手両足を動かしてみる

    問題なく動く、布団から手を出してくるくる回してみてみる