ライブ カジノ ハウス

ライブ カジノ ハウス

Bloggerの推奨事項:

  • スロット gif
  • ikarosuonnrainn
  • 御 屋形
  • 慶次 終了画面
  • ドラクエ10 スロット 連射
  •  たとえばおばあさんの近くに生えていた桃の木から「大きな桃」が川に落ちた大きな音に気づいた、なんてどうでしょうか

    とても「どんぶらこ」と流れてはきませんが、おばあさんが「大きな桃」に気づけるかもしれません

    あなたも好きかも:茅野愛衣 スロット
    でも高齢になると耳が遠くなっている可能性もありますから、音で気づかせるのは難しいかも

    ではどうやって気づかせるのか

    あなたも好きかも:パチスロ セイクリッドセブン 終了画面
     ここを考えるだけでも、「物語づくり」の醍醐味を味わえると思います

     いつもと同じく平坦では、つまらないお話にしかなりません

    あなたも好きかも:年末年始 スロット オールナイト
    「波乱」が起きて「これからなにが起こるんだろう」という「不安」を掻き立てるのです

    「不安」があるから、読んでいて引き込まれるし、先の展開が気になります

     連載小説を書いていて「どうにも次話が読まれない」方は、投稿回の終わりに「波乱」を起こして読み手の「不安」を煽ってください

    「不安」があるだけで、どうしても次話が読みたくなるのです

     これが連載小説の四部構成「主謎解惹」の「惹」になります

    主人公をツラい目に遭わせる 読み手の不安を煽るためには、「主人公をツライ目に遭わせ」ましょう

     たくさんの苦しみを味わわせ、傷つけ、泣かせるのです

     小説の書き手はある意味で「加虐嗜好」がないと大成しません

    「かわいい子には旅をさせよ」と言いますよね

     書き手にとって主人公は、まさにわが子のようにかわいいものです

     しかしときには残酷に突き飛ばして艱難辛苦(かんなんしんく)を味わわせ、それをどう乗り越えてくれるのかを見守りましょう

     乗り越える過程を読ませることで、読み手は自然と主人公へ感情移入してくれるようになるのです

    「ファンタジー」であれ「恋愛」であれ「SF」であれ「推理」であれ