パチスロ 悪魔城ドラキュラ

パチスロ 悪魔城ドラキュラ

Bloggerの推奨事項:

  • ルレット
  • こう かくき どう たい パチンコ
  • tsutayaゲーム
  • 風間君
  • まどマギスロット セリフ
  •  管理層で、いつものように定例会が開かれた

     勿論今日の主題は、先日行われた発表についてだった

    「先に結論から言うが、どちらの側でも概ね好意的に受け止められているようだな」「概ね、ね」 アレクの言い回しに、考助が突っ込んだ

     彼がわざとそう言った言い方をしている事は、当然考助も気が付いている

    「こういったことに、完全同意されることなどないだろう」 大きな変化が起こる場合は、当然その変化に割を食う人間も出てくる

    あなたも好きかも:パチンコ 勝てる人いない
     それが、それなりに儲けを出していた人間なら尚更だ

     変化に合わせて、自身も変わればさらに大きな儲けを出すことも可能なのだが、今の利益を死守するのに精一杯になってしまう

    「・・・・・・いや、これもこちら側に立った意見か」 考助は頭を振って、離れた思考を元に戻した

    あなたも好きかも:麗 都 スロット ステージ
    「・・・・・・で? 問題は表面化しそうなの?」「表立っては、ないね

    まあ、裏で色々あったとしてもそれぞれの町の統治者に抑えられるだろうが」 アレク、というより行政府は、統治者側が完全にこちら側になっているので、ケネルセンと同様な対応になると読んでいるのだ

    「それってどのくらい信用できるの?」「まあ七割方と言ったところかな」「また微妙な数値だね」「そもそもこの大陸の為政者相手に、完全に信用することなどできないよ

    状況次第でどちらにでも転ぶからな」 それこそケネルセンの六侯のように、信条のような物があればある程度は信用できるが、そうでない場合は完全に信用することなどできない

     あるいは、国家が存在していて、その国家に帰属する意識があれば信用することも出来るかもしれないが、セントラル大陸には国家というものは存在していない

     まだそうであるからこそ、アマミヤの塔の傘下入りすることを決められたという事にもなるのだが

    「なんか、危なっかしい気もするけど、それはともかく、こっちは大丈夫なの?」 こっちと言うのは、第五層の街の事だ

    「ああ、其方はそもそも反対する者がいないくらいで、むしろどうしてもっと早く発表しなかったという意見が多いくらいだな」 アレクは、苦笑してそう言った

    「それはまた無茶だな」 そもそも転移門がある四つの町の傘下入りが決まったのは、本当に祭りが実行される直前だったのだ

     祭りの騒ぎに乗じて持ってきたのではないかと疑ったのだが、あながちそれも間違ってはいなかった

     転移門ですぐにいけるとなると、例え同じ町でなくても浮ついた雰囲気になる