パチンコ キャラバン

パチンコ キャラバン

Bloggerの推奨事項:

  • アプリ メダル ゲーム
  • ダーク召喚獣
  • 獣と共に光輪をくぐり
  • まどか マギカ ラスト
  • ゴッド アプリ
  • そしてバロウタイガーは即死した

    「くそったれ」 悪態をつくブルーシーだが、肩の傷を気にしている余裕もない

    敵はまだまだいるのだ

    戦力の上では互角くらいだが、このままダンジョンから魔物が増えてくれば非常に危険な状態だ

     (そういやオーリングって確か昨日は戻ってきてねえよな) そうブルーシーは思い出す

    あなたも好きかも:スロット勝てる方法
    確か攻略までもう少しとはブルーシーは聞いていた

    もしかすると最下層(10階層まで確認されている)までたどり着いてそこでドジッたのではないかとブルーシーが考えたところで悲鳴が上がった

    「なんだってんだ?」 ブルーシーが悲鳴の方を見ると目を見開いて驚愕した

    「馬鹿な、地核竜だと!?」 そうブルーシーが驚くのも無理はない

    あなたも好きかも:ラッキーセブン パチンコ 那珂川
    地核竜とはハイヴァーン一帯に生息する地竜を率いるボス格的な魔物

    あなたも好きかも:ヨドバシ テーブルゲーム
    全長8メートルに達し、その力は中級竜に匹敵する

    「これをオーリングなしで俺らだけでやれってのか」 ブルーシーが声を荒らげる

    元々この地方の魔物はそれほど強くはない

    最初に集められた冒険者たちは今も多く残っているがそのほとんどがCかD、ブルーシーももうじきBに昇格するか否かというランクCの冒険者だ

    ただでさえ魔物の数が多いのに、それに加えてあんな化け物が出てきた

    全滅という言葉が現実味を帯びたのを確信したブルーシーはこの場を引くことを考えた

    「そこ、どいてろぉぉおお!」「デカいの一発来るからねぇええ!!」 そのときである

    白い石の馬に乗った少年と、水晶の馬に乗った少女が戦場を駆け抜けたのは

     突然現れた少年等にブルーシーを始め、冒険者達が不審な目で一度は見て、そしてその乗っていた馬の姿を見て度肝を抜かれる